(漫画がすき)

漫画好きが読んだ漫画を紹介するブログです。

『ライデン  1巻 暴走変身宅配野郎インマレーシア』感想~マレーシア産ギャグは胡乱な関西弁のヒーローもの~

マレーシア漫画のご紹介ですー

 

私、マレーシアの漫画って初めて買ったのですが、この作品を以て評価することは避けたいです。

 

っていうくらいの怪作です。まじで。

 

謎のテンションと南国のパッションに振り回されたい方に、ぜひ。

 

あらすじと感想をご紹介します。

 

『ライデン  1巻 暴走変身宅配野郎インマレーシア』

f:id:ima-nakayama:20210919131522p:plain

『ライデン 1巻 暴走変身宅配野郎インマレーシア』 Zint KADOKAWA より引用

 

【あらすじ】

 

マレーシアに36回クビになるほどバカな青年がいた。その名はキング。

 

彼は宅配屋の手により変身ヒーロー「ライデン」にされ、そのまま宅配屋に雇われ宅配ヒーローに!

 

相棒はキングにお熱のバイク、フラッシュと、同じくキングに惚れた配達ボックスの精、メイシー。

 

何を言っているのかわからねーと思うが大丈夫だ、私(ライター)も分からない!

 

灼熱のマレーシアの独特ギャグが、なぜか関西弁で炸裂するヒーローギャグマンガ・・・!

 

【感想】

 

グダグダだけどなにか目を引く、謎のパッションのギャグマンガ

 

まあとにかく1ページ見てもらいましょう・・・

 

f:id:ima-nakayama:20210919134204p:plain

『ライデン 1巻 暴走変身宅配野郎インマレーシア』 Zint KADOKAWA より引用

 

変身ヒーローが関西弁でしょうもない組織としょうもなくバトル。

 

そもそもこの変身ヒーロー「ライデン」、恨みを持った配達会社の元社員に対抗するための配達会社社員。

 

つまりこの戦い、元配達屋と配達屋の戦い!

 

なにを言ってるのかわからねーと思うがそういうことなんだッ!!!

 

所属は配達屋なので、ライデンの普段の仕事は配達。

 

その相棒が変態バイクと変態宅配ボックスの精。

 

変態バイクってなんだ?とお思いだと思うので、もう見てもらいましょう。

 

f:id:ima-nakayama:20210919134903p:plain

『ライデン 1巻 暴走変身宅配野郎インマレーシア』 Zint KADOKAWA より引用

 

まさかのしゃべるバイク、その上人目もはばからず欲情する変態。で、バイク。

 

そして「変態バイク」よりさらに謎の存在「変態配達ボックスの精」はこういうこと。

 

f:id:ima-nakayama:20210919135148p:plain

『ライデン 1巻 暴走変身宅配野郎インマレーシア』 Zint KADOKAWA より引用

 

擬人化とかナシ、すごくシンプルに箱!そしてバイク同様に箱に欲情される主人公!

 

なんだこの漫画!!!!!

 

世界広いな・・・と背筋がスッと伸びる漫画です。

 

ものすごくすっとんきょうな漫画なんですが、有無を言わさぬ展開ととんでもない勢いになにか迫ってくるものも感じます。翻訳担当が関西弁にしたのもひょっとしたら名采配なのかもしれない。

 

なお、↓はAmazon商品ページのあらすじ。販売担当も困惑している様子が見えて安心します。

f:id:ima-nakayama:20210919140630p:plain

 

なおさすがマレーシアと言っていいのか、キングがちょいちょいドリアン(ジャックフルーツ?)食べてたりミーゴレン食べてたりする異国情緒はちょっと得難いですねえ。

 

 

 

 

マレーシアってイスラム教が国教で、硬いイメージがあったんだけど・・・

 

こういうやわやわギャグ漫画があるあたり、ひょっとしたらすごく自由な国なのかもしれない。

 

マレーシアに思い出のある方、暴れ放題のギャグマンガがお好きな方、チャレンジお待ちしております。