(漫画がすき)

漫画好きが読んだ漫画を紹介するブログです。

『ブルーピリオド』11巻感想~絵画教室のこどもたちとの触れ合い、闇が深すぎる~

本日は『ブルーピリオド』最新刊の感想ですー

 

『ブルーピリオド』といえば、この10月にアニメ化する人気「美術スポ根」漫画。

 

11巻ではスランプに陥った主人公、八虎が子どもの絵画教室にアルバイトに行くのですが・・・

 

あらすじなし、感想オンリー、少々のネタバレ含む内容なので既読の方のみ↓へお進みください。

 

 

『ブルーピリオド』11巻

 

f:id:ima-nakayama:20210923181005p:plain

 

【感想】

 

 

重いッ!

 

佐伯先生(表紙のイケシルバーヘアレディ、八虎の恩師)の絵画教室でバイトすることになった八虎。

 

内容は絵画教室の子どもたちへの指導。

 

その子どもたちが一癖も二癖もあって。。。

 

その上、突然の橋田カムバック。そして橋田もチラチラ重いところを見せてくる・・・

 

7巻以降、ずっと低調、沼に足を取られるような、もがくような展開が続いている『ブルーピリオド』。

 

その重さ、実にいいねエ・・・!

 

絵画教室のこどもたち(の中でも問題のある子)の闇もまた、美術への姿勢として根深い。

 

私も子どもがいるので、こういう美術の関わり方したらだめなんかな~なんてちょっとわが身を振り返ったりします。

 

ところで、今回の美術知識は「ピカソ」について。普通に勉強のきっかけになるのでありがたいです。生涯で15万点の作品創作ってちょっとすごすぎだなピカソ