(漫画がすき)

漫画好きが読んだ漫画を紹介するブログです。

【ジャンプ+】『姫様”拷問”の時間です』109拷問の感想

【媒体】ジャンプ+

【作者】原作:春原ロビンソン 作画:ひらけい

 

「[拷問109]姫様“拷問”の時間です」https://shonenjumpplus.com/red/content/SHSA_JP02PLUS00020538_57

 

西洋風ファンタジー世界で囚われになった姫騎士様。

姫は地下牢へ閉じ込められ、王国の秘密を聞き出す為に魔王側から拷問を受ける・・・

 

 

ただこの拷問、飯テロ、家庭用ゲーム、魔王様の娘さんの相手(幼児)などとんだ「癒し」。手を替え品を替え109回。春原ロビンソン先生のマンネリ回避術が光り、なんなら今1番の癒し漫画とまで考えている(私が)。

 

今回の「109拷問」、もはや拷問の主担当であるキャラ、トーチャーの姿すら見せない。

 

田舎の夏の町を小散歩。川のせせらぎ、遊ぶ子供達、そして自分たちも少しだけ子供にかえって・・・

コロナで外にも出られない、今年の夏にぴったりの「ぼくの夏休み」的ノスタルジー

 

なお拷問は最後まで出てこない。あと牢屋から普通に出られるなら王国に帰れ、姫様。