漫画のこと。

漫画好きが読んだ漫画を紹介したり批評したりするブログです。

8/6に読んだ漫画の感想

「姉の友人」

to-ti.in

 

「コミックス買うならコミックビームかWebアクションかトーチなら安心」という信条(2022/8現在)をもつ私ですが、やはり良いものだ。

3人の女の子の群像劇。持てる女、持たざる女、その妹。

ガールズラブ。コンプレックスと生活と青春の苦みがたまんないねえ・・・

 

 

 

『邦キチ!映子さん』

comip.jp

ふ、ふうーん!怪作、ビックマグナムの紹介。

しかし久々に部長と邦キチのイチャイチャがなかったな!うむ、なくてもいい。たまの特別編でチラッとイチャイチャしてくれればいい。

 

 

 

 

 

『鍋に弾丸を受けながら』11話

comic.webnewtype.com

来ました!

ハードボイルドグルメ&「二次元コンテンツ摂取過多につき登場人物全てが美少女に見える」設定で優勝の漫画。

肉と油油しさ(あぶらあぶらしさ)のグルメに、いわゆるアニメ系美少女表象のミスマッチが実に面白い作品。

時に命の危険すら感じるような場所で、油と塩と砂糖が旨いという野獣の食を美少女キャラクターが食べるこの浮遊感。

その上グルメも面白いときてるのだから抜かりなし。今回も「ホットドックにポテトフライをかけたら旨い」というアメリカン飯の話。イコールでカロリー。

 

 

 

 

『そしてヒロインはいなくなった』

to-ti.in

地元の居酒屋で知り合った、派手なバアさんと背ばっかり大きな女。2人はまだ昔の男を待っている。

恋愛の話がベースではあるんだけど、小さな人間関係をつむいでいく人々にいろんな意味の憧憬を感じてしまう。

いや私がそーゆー小さなコミニュティ作りが極端なまでにダメ、という個人的な思いがあるからなんですが。なんかいいなあ。

あとみちるちゃんのキャラ造形が良すぎて泣ける。軽い知的障害(ぎりぎりボーダー)なのか、明るいADHDなのか、その両方か、はっきりさせない描き方がすごく余韻があってイイ。あと佐伯は死ね(過激な発言)。

お話がすごくいいところで終わってて、もうこれどうしてくれるの・・・完結するのかな、したらいいな

 

 

good!アフタヌーン2022年9号

 

『スイカ

これなんなんだろうなあ・・・本当に面白いんだよな、ギャグなんだけどホラーで、ホラーに関しては割とビクッとする迫力もあって、でもギャグ。

コメディ、みたいなぬるさじゃなくて骨の入ったギャグで、最近こんなに真正直にギャグやるの珍しいからその意味でもすごく嬉しい。

ていうかギャグとホラーって親和性高いんだろうな、伊藤潤二のホラーとか面白いもんなー

 

ウィングス 2022年08月号

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9-2022%E5%B9%B408%E6%9C%88%E5%8F%B7%EF%BC%BB%E6%9C%9F%E9%96%93%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%BD-%E5%B0%9A%E6%9C%88%E5%9C%B0-ebook/dp/B09QGV2M4K/ref=sr_1_1?qid=1659770808&refinements=p_lbr_one_browse-bin%3AWings+%28%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%29&s=books&sr=1-1

 

『艶漢』

この明るいエロ(男子を対象に)はこれは、ド正面のちょいエロの男子向け漫画のミラーリング作品だねえ。

女性にもこういう感情があるとみるか、男子向けエロカスタマイズををされたとみるか興味深いところねえ。

 

百姓貴族

相変わらず農業知識がつくマンガだ。荒川先生の健康も分かってなにより。

それにしても鳥インフルは怖いなあ。